2014年01月16日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー9

転落劇ーーーご多分に漏れず、博打

高校を卒業する一ヶ月前に、友人にマージャンを教えて貰った。
フリーのカメラマンとなって暇を持て余していた私には、
これが、楽しくて仕方がなかった。







続きを読む
posted by satowa2 at 00:35| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー8

天辺ーー月刊高知県人
1951年、私が生まれた年に、この月刊誌は創刊された。
全国の高知県出身者(県人会)を結ぶ情報誌だった。
2代目の経営者が高齢となった為、次の経営者を探していた。



続きを読む
posted by satowa2 at 01:13| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー7

ポルシェ
私達の世代は、フォーク世代、もしくはビートルズ世代、
と言われるが、もう一つ、スーパーカーブームの世代でもある。
ポルシェ、フェラーリ、ランボールギーニ 等国産車などまるで
寄せ付けない美しい姿の車達が紹介された。


続きを読む
posted by satowa2 at 01:50| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー6

バイク、
高校卒業と同時にバイクの免許を取った。
ヤマハのRー1 (三億円犯人が、使用したのと同型)の中古を
知人から購入、毎日桂浜往復の時間競争(笑)に明け暮れた。
半年もすると、暴走族(笑)


続きを読む
posted by satowa2 at 01:00| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー5

本、、

昭和36年、8月、10歳の誕生日を迎えたばかりの
私は、土佐清水市三崎から、高知にやって来た。

4年生の2学期から江陽小学校に転校したのだが、ここで
素晴らしいものに出会った。

図書室である。







続きを読む
posted by satowa2 at 03:05| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー4

賀一、名前
私の名前、ヨシカズと読みます。未だ嘗て正確に読んだ人は
3人しかいない(笑)
小学校でも中学校でも、新たな学期が始まって、先生が
クボウチ、ーーーなんて読むの?と問いかけ続けた。
中学3年の時、クボウチヨシカズ、とはっきり呼ばれた!!






続きを読む
posted by satowa2 at 03:10| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー3

宗教、信仰
人が生きていく上で、最も大事なのが信仰である。
その家の宗教がその人の基本的な人格を作る。
宗教的な親の思想が、ダイレクトに子に伝わるからである。
最近、無宗教の人が多いように見えるが、それは生活の困窮が
無いからで、困った時には必ず神様、仏様である。


続きを読む
posted by satowa2 at 01:44| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー2

音楽ーーギターとステレオ
趣味であった、カメラが職業となったので(今は趣味に戻ったが)
趣味は?と問われたら、音楽、車、読書となるのか、、
私達世代は、ビートルズ世代と言われる、特に女房は詳しいが、、、
私は全く興味がなかった。

続きを読む
posted by satowa2 at 02:23| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー


平成26年が明けた、私は昭和26年生まれで、今年63。
平成15年あたりから昨年まで自分の道標を見つけられないで
居た,,,と言うより見つけようとしていなかった。
今おぼろげながら、残り僅かな人生の道標らしきものが
見え始めている。それを確かめる為にも、
私の魂を導いてくれた物(者)を思い出していきたいと思う。
関心のある方は、読んで下さい。




続きを読む
posted by satowa2 at 20:54| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年



新年.jpg
posted by satowa2 at 04:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

Linkーむすびー発表会 3

意識されたのか、結果的にそうなったのか、
今回の発表会で初めて、見られたものがある。




続きを読む
posted by satowa2 at 09:36| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Linkーむすびー発表会 2

今年スタジオで一番練習したのが
蔭野友弥子(ゆみこ)
とにかく踊るのが好きで、受けて構わないレッスンは
殆ど受けていた、私がスタジオに行くと必ずいた子。


続きを読む
posted by satowa2 at 05:35| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

Linkーむすびー発表会

2011年のイオンでの発表会で、最初で最後の感想、
と言っておきながら、昨年のPrema of M に続き
三回目の感想を、、、(笑)!
今年の発表会は、こうやって書きたくなるほど幾つかのエピソードがある。

続きを読む
posted by satowa2 at 00:00| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

岩崎ひすいのこと

舞台のビデオ記録を始めておよそ30年になる。
それ以前のスティール時代はおよそ10年、CMやファッション関係
だったので、舞台の写真は娘のバレエの発表会のリハ一度だけだった。


続きを読む
posted by satowa2 at 06:15| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

白ひげのおじいさん 宇宙からのメッセージ

須賀のもう一つの遺志?

ようやく、錦のDVDが完成して、交流会のシーンを
腹を抱えながら、見直していた。
劇中、須賀が馬路村へ行った時に現れる白ひげのおじいさん、、。











続きを読む
posted by satowa2 at 00:00| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

國友須賀の遺志 ー真釣りのこころー

山口県錦町広瀬、

2013年11月17日、朝靄の中で全国各地から集まってきた
須賀IZANAIの精鋭たちが、今日の演舞の合わせをしていた。
錦ふるさとまつり、決して来る事が無い筈の、中国山地の奥深い村の祭に
何かに曳かれるように、やって来た。
この時はこの祭が、須賀の言っていたー真釣りーである事に気付けなかった。


(非常に長文である為、お暇な時にお読みください(笑)!)




続きを読む
posted by satowa2 at 18:09| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

IZANAI.......韓国へ行って想ったこと

いきざ祭り以降、私の中で大きな安堵感が芽生え始めていた。
今回、全国のIZANAIの精鋭達と韓国に行って、確信できたので、少し書いておこうと思う。
続きを読む
posted by satowa2 at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

いざない、とIZANAI

昨日ようやく、須賀IZANAI連2013よさこいのDVDを仕上げたのだが、
出来上がった映像を見ていて、此処数日前から、気になっていたことが、
浮かんで来た。ある人から質問されたのだが、
「IZANAI連て、昔から今のような活動をされてたのですか?」
続きを読む
posted by satowa2 at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

一つの時代のおわり

暫く、見なかった岩目さんのブログを覗いて寂しさがこみ上げてきた、
7月の段階で既に「よさこい」からの撤退を宣言していた。



続きを読む
posted by satowa2 at 05:14| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

妻のつぶやき。癒された〜〜〜。息子







続きを読む
posted by satowa2 at 03:28| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

30周年記念公演

30周年記念公演は昨年のイオン公演を見て以来、今年最も注目していた催し。
リハーサルにこれ程足を運んだのは、22年前の「ミュージカル龍馬」以来。
それ程ダンサー達の目が私を動かした。










続きを読む
posted by satowa2 at 03:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

発行です

「よろこびのはじまり」出版しました。 

須賀表紙 0012.jpg

IMG_1325.jpg 

はりまや町 炭丸 

高知県民文化ホール2階 喫茶「まどか」

高知市南はりまや町 美容室 「 K's」

スガジャズダンススタジオ
     高知スタジオ Tel:088-833-0301
     北海道スタジオ Tel:0125-22-8080
     新潟スタジオ Tel:025-250-7800
     千葉スタジオ Tel:0479-75-4077
     九州スタジオ Tel:0956-76-9088


         で販売しています。

ネットでも買えます。「ありがとうの会」アドレス little.k@mac.com 迄メールして下さい。

一冊1500円(消費税込み、送料別)です。






p47.jpg


オープン ザ ハート


この世界の全ての人々が心を開いていれば、
だましあいも、そしりあいも無益な争いも無くなって

平和で温かくやさしいエネルギーに満ち溢れ
助け合い分かち合う幸福な世界が実現するでしょう。

人間が光につつまれた本来の姿に帰ることが出来ればこれはたやすいことなのです。
煩悩、エゴを無くするためにあらゆる方法が生み出され、試されています。

開いた心をそのままキープするには、
この世の中はあまりに過酷で、開いた心にナイフがブスブスとはいってきて
傷つき、血が流れ、もう二度と心を開くまいと自分に誓います。

心を閉じていた方が、傷つかなくて、生きていく上で楽なのです。

でも、それ以上の喜びも心の交流もありません。
成長もありません。

それに気がついた魂は心を開こうと決心します。
勇敢にも立ち向かっていきます。

そして一度開いた心はその喜びと幸福の味を知っていて
必要なときにそれを味わうことができるのです。
まるで魔法の糸のようにたぐり寄せることができるのです。

そして本当の意味での生きている実感を得ることができるのです。


                                1996 國友須賀



20120223121143f75.jpg
富士の申し子.jpg
Untitled1.bmp

yuu.jpg





よろこびのはじまり
posted by satowa2 at 20:00| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

偉大な人

このブログには、もう書くことが無いと思っていたが、
最後の記事となる出来事があったので、再び述べておこう。




続きを読む
posted by satowa2 at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

校了しました


印刷が始まります。


発行は2月21日です。


o0480050411783063691.jpg


o0640048011783063692.jpg





水晶の神殿 マチュピチュ



i005_image.jpg





須賀の魂はここにも........
















posted by satowa2 at 17:16| Comment(0) | boyaki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

もうすぐです

難航していた、メッセージのレイアウトが終了しました。
一週間以内に校了を迎えられそうです。

気になる発行日は.......

続きを読む
posted by satowa2 at 23:33| Comment(0) | boyaki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。