2014年09月10日

和歌山いきざまつり Life is Relay ー魂の記録ー 3

今回の撮影で、どうしても記録しておかなければならない
チームが5つあった。
紀道、蛍は当然のことだが、IZANAI北海道、新潟響連
そして筑前かすや一番隊である。

写真は竹チャン
048A4978.JPG






続きを読む
posted by satowa2 at 04:29| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

和歌山いきざまつり Life is Relay ー魂の記録ー 2

SUGAのよさこいを、再び撮影したのが、Premaの「まほろば」だった。
翌年広島FFで、「まほろば」を身をもって味わった。

写真は竹チャン

048A3684.JPG

続きを読む
posted by satowa2 at 05:08| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山いきざまつり Life is Relay ー魂の記録ー 1

いきざまつりの編集を終えた。
高知のよさこいの編集が半分も終っていないのに(笑)!


写真は竹チャン

048A4508.JPG






続きを読む
posted by satowa2 at 05:04| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

和歌山いきざまつり Life is Relay ー魂は受け継がれているー

今回のいきざまつり、Life is Relay と副題の付いた祭り。
人生は人と人の繋がりである。生きる事は繋がってゆく事。
横に考えれば、そうなるだろう、しかし縦に考えれば、
生きる事は、すなわち、いきざまを見せる事であり
魂を残す事である。

その魂を受け継いでゆく事こそ私達の魂を残す事に繋がってゆく。
私の仕事は、その魂を記録して後世に伝える事だと思っている。
過去から現在(既に過去となったもの)の文化を映像として残す事。
文化映像の由来はそこにある。

國友須賀が高知でスタジオを開いた翌年に文化映像が出来た。
第一回の高知市市民文化祭行事は、須賀の総指揮のもと既存の
県下モダンダンススタジオの先生達が振付を担当した。
「ミュージカル龍馬」この公演を記録出来た事が,私の誇りだ。


2001年、幻の追手筋総踊りを撮影した、この映像が錦ふるさと祭りで
よさこいを踊る切っ掛けになったと、昨年、蛍の的場リーダーから聞いた時、
涙が止まらなかった。
こんな仕事をさせてくれた、須賀に改めて感謝した。

私の中では、國友須賀は憧れの女性であり、可愛い妹であり、同志だった。
彼女との30年は、常に学びであり、賀(よろこび)で、
驚き、あきれる事も多々あった。
少しネジの外れたところもあったのが、多くの人達に愛された要因だろう。

それにしても、今回のいきざまつり、Life is Relay とは、、、、。
私の思惑は、吉田君は全く知らなかった筈で、、、、、。
須賀を想う心は、皆同じなのかと、改めて彼女の魂の偉大さに気付かされた。

続く

写真は竹チャン


posted by satowa2 at 01:08| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

高知よさこい祭りから和歌山いきざまつり、、東へ引かれる力 2

今年のいきざまつりには、昨年の錦ふるさと祭りを見た時から
心に決めていた事があった。


ayu.jpg
続きを読む
posted by satowa2 at 04:37| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

高知よさこい祭りから和歌山いきざまつり、、東へ引かれる力

高知のよさこいで、新たな出会い?があった。
前述した高橋樹里、そして林愛結。東京と新潟。

suga 045.jpg





続きを読む
posted by satowa2 at 03:33| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知よさこい祭りから和歌山いきざまつり、、夏の終わり

よさこい祭りが終って、いささか倦怠感が出てきている。
あいも変わらず、つまらない踊りが賞レースを繰り返しているからだが、
大賞は十人十彩、ノブの振り付けらしいが、SUGASTUDIO の
レッスン生が3人いるのでまずは、おめでとうと言っておこう。

suga 057.jpg



続きを読む
posted by satowa2 at 00:37| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi 巫女さん

春さん、と言うと佐藤春雄さんと同じになるので、
春ちゃんというのも年齢的に合わない(笑)!
では、佐々木さんと言うのも、親しみがわかない。
で、結局「巫女さん」と呼んでいる。
佐々木春、通称「巫女」

suga 140.jpg








続きを読む
posted by satowa2 at 04:29| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi  愛結

SUGA 30周年公演  Prema of M で新潟から
やって来た子が気になっていた。
ナギ先生のビギナギ、、最後に片手ででんぐり返しをした子。
林 愛結(あゆ)...

suga 022.jpg




  続きを読む
posted by satowa2 at 04:26| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi 高橋樹里

今回、県外から来る踊り子の名前を見た時、真っ先に注目したのが
高橋樹里である。

昨年のよさこいで来高したとき、丸の内公園で、
まず彼女の持つオーラにカメラが反応していた。
suga 126.jpg







続きを読む
posted by satowa2 at 03:19| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi

第61回よさこい祭りが終った。
一言で言えば、今回ほど体力を消耗した割りに、疲労感が残っていない
よさこい、は無い。

suga 025.jpg










続きを読む
posted by satowa2 at 01:49| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

子供達の心を揺り動かすもの Rise with Peace Flame

少し寝不足気味で、元気の無かった、まりもが急に踊りだした。
愛奈、友弥子、小春がそれに続いた。
急いでカメラを取り出し撮影した、やがて踊りのテンポが早くなり
口ずさむ歌詞も力強くなり、とうとう、まりもの口から笑みがこぼれた。

続きを読む
posted by satowa2 at 03:12| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

踊ること、撮ること、そして愛すること。森まりも

陽向との会話で、この子の感性が磨かれつつある事を感じたのは、
希帆の次に、まりもの名前が出て来たからで、
これが、夢菜だったら、感性云々は述べていない。

marimo12.jpg





続きを読む
posted by satowa2 at 01:49| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

踊ること、撮ること、そして愛すること。立石希帆

先日、陽向のお母さんが珍しく迎えに来るのが遅れたので、
陽向と二人きりで、レッスンを見ながら話をした。

その中で、「将来、陽向は誰みたいなダンサーになりたいの?」
と聞いてみた。
27.jpg






続きを読む
posted by satowa2 at 01:34| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

踊ること、撮ること、そして愛すること。 哀の表現

哀を表現する事の難しさは、以前述べたが、
麻ゆみのように、技術が伴っておれば、
(クラシックの場合、感情表現は表情よりも、体で現す。
1462951_406014832861913_891376060_n.jpg













続きを読む
posted by satowa2 at 18:01| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊ること、撮ること、そして愛すること。 蔭野友弥子

とにかく、踊る事が好きな子である。
昨年、一番スタジオでレッスンを受けた友弥子(ゆみこ)、
今年になっても、平日の遅いレッスンは減ったが大人の中で
(靖子クラス)一人黙々と踊っている。

ゆみこ.jpg
続きを読む
posted by satowa2 at 01:48| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

踊ること、撮ること、そして愛すること 辻 陽向 

先述した peace flame の影響を受けたと思われる
ANGEL4人目である。 
陽向(ひなた)、美槻と共に、その反応が著しい。
hinata112.jpg





続きを読む
posted by satowa2 at 00:45| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

Rise With Peace Flame

ここで、少し気になっている事を書こう。
2014のよさこいは、「Rise With Peace Flame」
(以下Peace Flame)
岡野弘幹氏の長年に渡る「Peace Flame」活動に帯同した
これからのSUGAレイチルプロジェクトの新たな指針となる
平和へのメッセージソングによる踊りだ。
sasebo 180.jpg



続きを読む
posted by satowa2 at 23:41| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊ること、撮ること、そして愛すること  渡邊愛実

4月から、辻陽向(ひなた)と二人でJr.マスター6人の
先頭にたった 愛実(あいみ)。
3月までは、まりもや小春がいて、11人のマスターもしっかりと
まとまっていたが、6人がティーンズに上がり、6年生が二人
5年生が3人、4年生がキッズから一人上がってきて、6人となった。
4,4 リハ 062.jpg
続きを読む
posted by satowa2 at 03:10| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

踊ること、撮ること、そして愛すること 坂井小春

この子の事を語る時、何を語るべきか非常に困る。
あまりにも、言いたい事が多すぎるのに、どう表現すれば
この子の姿が伝えれるのか、悩んでしまう。
href="http://satowa2.up.seesaa.net/image/sasebo20163.jpg" target=_blank>sasebo 163.jpg







続きを読む
posted by satowa2 at 00:20| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

踊ること、撮ること、そして愛すること 窪田美槻

「哀」を踊るにはあまりにも幼いSUGA ANGELたち、
今は「愛」を踊る為にレッスンに励む日々。
私の愛するSUGA ANGELたちについて書こう。
希帆と夢菜、まりもは試験中なので、少し後で書く。

4,4 リハ 059.jpg
続きを読む
posted by satowa2 at 02:02| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

踊ること、撮ること、そして愛すること 「愛」

人を愛することは、私にとって最も大切な事で、
愛は恋に直結していた(笑)!
そんな訳で、「愛」という言葉を口にする事は、とても気恥ずかしく
「愛している」と言った事は殆ど無い、一年前までは。

syura.jpg



続きを読む
posted by satowa2 at 06:51| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

踊ること、撮ること、そして愛すること、、喜怒哀楽 1

東京にいる娘に催促されて、先日撮影した演劇の編集に取り掛かった。
今回は脚本に続き、演出も手がけているので、少々気がかりだったが、
続きを読む
posted by satowa2 at 02:54| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

スタッフなのか?一般客なのか?

4月の川棚、5月の広島、そして今回の佐世保と
ANGEL達との遠征が始まったが、、、

些か体の不調と相まって、昨年ほど楽しめていない。
いや、ANGEL達には随分と楽しませてもらっているのだが。

今回の片道8時間を越える佐世保遠征には、あまり気が乗らなかったが、
ひすいの初仕事だし、希帆達ANGELが8人も出演する事もあって
(6人は、初めての九州遠征)
しゅらさん達蛍のメンバーのダンスナンバーの記録、
そして「Rise with Peace Flame」のPVを作るべく同行した。

そこで、感じたのは、SUGAにおける自分の立ち位置の問題。
これは、川棚でも、広島でも感じた事なのだが、、

ひすいと共に始まった県外遠征、SUGAのロゴを背負い
高知STUDIOの守護神とおだてられ、記録し続けた1年。

すっかりSUGAのスタッフのつもりでいたのだが、、
  
「Rise with Peace Flame」の編集作業中に今回の映像を見ていて、
つくづく、嫌気がさしてきた。
左右はズレているし、広角は詰まっていない。
川棚でも不本意な映像をDVDで出す事になった。

編集している息子が言った。
「こんな映像を撮らなければならないのなら、行くの止めたら」

スタッフならば、撮れる映像があるし撮らなければならない映像がある。
一般客には、撮らなくてもいい映像がある、撮れない映像がある。



一般客では、行っても意味が無いと想う、、、、。
youtubeで流れている動画と比べられるくらいなら、、
撮らないほうがましだ。



posted by satowa2 at 02:57| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

レイチル 展望

レイチルの県外イベントへの参加は現在新潟にいる
ナギ先生が中心になっていたらしい。
素晴らしい贈り物をしてくれたものだ。

レイチルに付き添った、親達の参加も現在のレイチルの
県外遠征の後押しをしている。

高知だけでなく全国のレイチルの交流は、やがて将来の
IZANAIの発展に大きな宝となる事だろう。

踊りを通じた、心の触れ合い。
20年後にはこの子達の子供がレイチルになっている。

そんな姿を須賀と共に空の上から眺めるのも悪くはない(笑)!

レインボーチルドレン
この子達と共に県外へ遠征をする季節がもうすぐやって来る。
そろそろ、体力づくりを始めないと、、、(笑)!

posted by satowa2 at 07:06| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。