2014年09月03日

高知よさこい祭りから和歌山いきざまつり、、東へ引かれる力

高知のよさこいで、新たな出会い?があった。
前述した高橋樹里、そして林愛結。東京と新潟。

suga 045.jpg





続きを読む
posted by satowa2 at 03:33| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知よさこい祭りから和歌山いきざまつり、、夏の終わり

よさこい祭りが終って、いささか倦怠感が出てきている。
あいも変わらず、つまらない踊りが賞レースを繰り返しているからだが、
大賞は十人十彩、ノブの振り付けらしいが、SUGASTUDIO の
レッスン生が3人いるのでまずは、おめでとうと言っておこう。

suga 057.jpg



続きを読む
posted by satowa2 at 00:37| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi 巫女さん

春さん、と言うと佐藤春雄さんと同じになるので、
春ちゃんというのも年齢的に合わない(笑)!
では、佐々木さんと言うのも、親しみがわかない。
で、結局「巫女さん」と呼んでいる。
佐々木春、通称「巫女」

suga 140.jpg








続きを読む
posted by satowa2 at 04:29| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi  愛結

SUGA 30周年公演  Prema of M で新潟から
やって来た子が気になっていた。
ナギ先生のビギナギ、、最後に片手ででんぐり返しをした子。
林 愛結(あゆ)...

suga 022.jpg




  続きを読む
posted by satowa2 at 04:26| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi 高橋樹里

今回、県外から来る踊り子の名前を見た時、真っ先に注目したのが
高橋樹里である。

昨年のよさこいで来高したとき、丸の内公園で、
まず彼女の持つオーラにカメラが反応していた。
suga 126.jpg







続きを読む
posted by satowa2 at 03:19| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rise with Peace Flame in Kochi Yosakoi

第61回よさこい祭りが終った。
一言で言えば、今回ほど体力を消耗した割りに、疲労感が残っていない
よさこい、は無い。

suga 025.jpg










続きを読む
posted by satowa2 at 01:49| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

子供達の心を揺り動かすもの Rise with Peace Flame

少し寝不足気味で、元気の無かった、まりもが急に踊りだした。
愛奈、友弥子、小春がそれに続いた。
急いでカメラを取り出し撮影した、やがて踊りのテンポが早くなり
口ずさむ歌詞も力強くなり、とうとう、まりもの口から笑みがこぼれた。

続きを読む
posted by satowa2 at 03:12| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

踊ること、撮ること、そして愛すること。森まりも

陽向との会話で、この子の感性が磨かれつつある事を感じたのは、
希帆の次に、まりもの名前が出て来たからで、
これが、夢菜だったら、感性云々は述べていない。

marimo12.jpg





続きを読む
posted by satowa2 at 01:49| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

踊ること、撮ること、そして愛すること。立石希帆

先日、陽向のお母さんが珍しく迎えに来るのが遅れたので、
陽向と二人きりで、レッスンを見ながら話をした。

その中で、「将来、陽向は誰みたいなダンサーになりたいの?」
と聞いてみた。
27.jpg






続きを読む
posted by satowa2 at 01:34| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

踊ること、撮ること、そして愛すること。 哀の表現

哀を表現する事の難しさは、以前述べたが、
麻ゆみのように、技術が伴っておれば、
(クラシックの場合、感情表現は表情よりも、体で現す。
1462951_406014832861913_891376060_n.jpg













続きを読む
posted by satowa2 at 18:01| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。