2014年12月30日

すべては虚構の世界、、、。

新宿歌舞伎町午前2時、昨日の韓国遠征からの帰宅から丁度24時間
飛行機の中での僅かな睡眠だけで65時間起きていることになる。
体は疲れているが、頭が眠ることを拒否している。

続きを読む
posted by satowa2 at 03:53| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

須賀IZANAIの未来は、樹里が鍵になる,について

24日の投稿、出会い、、、。の中で
{須賀IZANAIの未来は、樹里が鍵になる}と書いた。


048A5607.JPG





続きを読む
posted by satowa2 at 05:05| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

須賀と私  5

今年の錦遠征は、ある想いを秘めていた。

IZANAIの記録を考え始めていた4月の川棚遠征が事の始まりだった。
6月の九州遠征、が追い討ちをかけた。
萎え掛けていた心を繋いだのが、いきざまつりだった。

nikon.jpg

続きを読む
posted by satowa2 at 02:53| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

須賀と私 4

昨年の錦ほど須賀の、遺志が働いたとしか思えない遠征はない。
さわやかなゆめときぼう、が誰一人も行っていないのである。
彼女達がいたから遠征していた、、、、のだが。

続きを読む
posted by satowa2 at 00:58| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

須賀と私 3

2005年、レオマにいる宮君から電話がかかってきた。

続きを読む
posted by satowa2 at 00:26| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

須賀と私 2

松浦氏は当時40前、私は50歳になっていた。
SUGAとは1995年から、カメラマンではなく編集者としての
付き合いが始まっていたが、97年の祭り会社、2001年の
ハレルヤのビデオは文化映像が撮影した。
続きを読む
posted by satowa2 at 01:25| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

須賀と私  1

昨年の広島ffに始まった各地へのIZANAIの遠征も
山口 錦ふるさと祭りで2年目を終えた。

まほろば2.bmp

続きを読む
posted by satowa2 at 04:55| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

スピリッツ

私にとって衝撃的な事が起こった。
最早、偶然とは言えないほどの運命を感じたが、
その裏で糸を引いていた須賀がほくそえんでいる顔が浮かんだ。


続きを読む
posted by satowa2 at 01:12| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

広瀬商店街中央ステージ

2度目となる錦ふるさと祭り、今回の遠征は昨年とは違い、
少々IANAIの撮影に心が折れかけていたのと、I Dreamの
編集作業で疲労感があった為、ビデオカメラは持っていかなかった。

続きを読む
posted by satowa2 at 12:17| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

IZANAIは何処へ行くのか?

I Dreamの編集を開始したが、なかなか進まない。
原因は20年近くディレクトしていない私のカット割りと、
10年近く舞台映像を作り続けている息子との感覚の違いだ。






続きを読む
posted by satowa2 at 04:27| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。