2014年10月18日

混乱

一つの事を始めようとしたら、多くの物事が付随してきます。
物事には順序があって、それを無視すると混乱がおきます。







過去を顧みないで、現在だけを考えれば方向性を見失います。
過去の事にこだわり過ぎれば、進む事は出来ません。

未来を想像しなければ、夢はありません。
未来に期待しすぎると、現在がつまらなくなります。

多くの出来事は、たった一つの積み重ねです。
一度にやろうとすれば、無理が出てきます。

一つづつ、確実に解決していかなければなりません。
しかし、そうする時間も限られています。

一つの事にこだわり過ぎれば、
全体の事が出来なくなり、全体ばかり考えれば
一つの事がおろそかになります。

ところが、これは多くの人間が考えてきた事で、
実際はこんなに複雑な事ではありません。
実はとても簡単な事なのです。

複雑にしている原因は、多くの人間の感情です。

一つの物事を始めるのは、人間の感情です。
そこまでは、一人でも100人でも感情が同じです。
始める!!と言う感情です。
ここで、始めてゆく為に必要な多くの付随する物事が出てきます。

それをどう処理するか?だけなのですが、
その時に不必要な感情が働きます。
感情なんか必要ないのです。

およそ、人間のやる事は、過去の人間が全てやっています。
答えは過去にあります。
どうやれば、目的が達成できるか、どうして出来なかったのか?
それを探さないで、感情で動くから混乱が起こるのです。

私達には、耳と口があります。
口で質問し、耳で聞けばいいのです。
全て教えてくれます。教えてくれなければ
教えてくれる人を探せばいいのです。

億万長者になる方法を聞くのではありません。
世界一幸せになる方法を聞くのではありません。

そんな簡単な事をしないで、争い、迷い、疑心暗鬼に陥る。
そのくせ、表面では何も無かったように取り繕って、
賛美しあう。

物事を順序よく処理するのに感情は必要ないのです。
感情が必要なのは、始めようとする物事自体で、
それに付随する処理しなければならない物事とは違うのです。

順序?
それも先人が教えてくれます(笑)!



posted by satowa2 at 05:09| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。