2014年12月29日

須賀IZANAIの未来は、樹里が鍵になる,について

24日の投稿、出会い、、、。の中で
{須賀IZANAIの未来は、樹里が鍵になる}と書いた。


048A5607.JPG





何故樹里なのか?他の人は?とのメッセージがあった。
誤解があるといけないので、少し補足しておく。

答えは簡単である、希帆や夢菜、まりも、樹里、愛結そして
まだ出会ってない将来性のある踊り子の中で、樹里だけが、
SUGAのインストラクターになる事を希望しているからである。

現在のSUGAのインストラクターの中で、一番若いと思われるのが
夏未だが、樹里が高校を卒業するのに1年半、入社して3年の修行をして
インストラクターになれる4年半後には既に30近くになっている。

夏未以上の年齢のインストラクターはその時には既に30を超え、
樹里がレイチルを育て、IZANAIの踊り子に育て上げるる頃には
既に一線から引き下がっているはずで、夏未にしてもピークを過ぎている。
同時に、須賀の魂に導かれたIZANAI人達もやがて踊れなくなる日が
近くなっている頃だ。

次世代どころか3世代後のIZANAI人達を生み出す、
原動力となるのは樹里たちの世代。

レイチルは簡単に育つ、しかしレイチルがIZANAI人になるのは
簡単な事ではない。
実際先述した、5人の中で樹里以外に将来趣味として踊りは続けても、
IZANAI人になる子は一人もいないと思われる。

IZANAIの魂を伝えていく事は、踊ることが出来るIZANAI人
がいることが絶対条件で、踊り子のいないIZANAIは存在しない。

全国にIZANAI人と呼ばれる人が500人いると言われる。
言い換えれば500人しかいないのである。

和歌山でいきざまつりが行われている時に、原宿でよさこいを楽しんでいる
若者達が、到底、樹里のようにインストラクターにでもならない限り
IZANAI人となる可能性は低い。

樹里世代のインストラクターを育て上げる事。
これがIZANAIの未来を築き上げる為に
今最も重要な事である。

樹里がインストラクターとして成長出来るかどうか?
これが、須賀IZANAIにとって大きな鍵になる。


posted by satowa2 at 05:05| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。