2014年08月19日

子供達の心を揺り動かすもの Rise with Peace Flame

少し寝不足気味で、元気の無かった、まりもが急に踊りだした。
愛奈、友弥子、小春がそれに続いた。
急いでカメラを取り出し撮影した、やがて踊りのテンポが早くなり
口ずさむ歌詞も力強くなり、とうとう、まりもの口から笑みがこぼれた。

ひょんな事から、私の家に泊り込む事になった4人のANGEL達。...
朝方5時過ぎまで、騒いでいたが、前日のレッスンの疲れもあって
何時の間にか静かになっていた(笑)!
私は例のごとく、6時過ぎに寝たのだが、1時ごろ起きたら、
彼女達は、階下のスタジオでプレマのDVDを鑑賞していた。
何やら10時過ぎには起きていたようで、
小春以外は半分目が開いていない(笑)!

5時過ぎに家に送っていく事になっていたのでイオンに
遊びに行く事になった。
車に乗ると昨夜からの雨が小降りになり、
思い立って私の家から15分位の鏡川ダムへ向かった。

4人ともダムの放流は見た事が無いという事で,どんな顔を
するのか、見てみたかったのである。
SUGA STUDIO に通いはじめるまでは、よくここに来て
放流される水の力を感じて、生きる力を支えて貰った場所。

ダムの手前の自動販売機で、ジュースを買ったが、まりもだけは
何もいらないと言うほど元気が無かった。
取り敢えず、ペットボトルの水を買って渡したが、
それにも口をつけなかった。

ダムに着くと不思議な事に、雨があがりダムを見上げる公園に
下りる事が出来た。
台風11号の雨は未だにダムを満たし、昨夜からの雨はダムから
大きなアーチをかけて伸びていた。
眼下には放流された水が河岸をけずり濁流となって渦を巻いている。

友弥子と小春がその情景にはしゃぐ傍ら、
じっと濁流を眺めているまりもを愛奈が気遣っていた。

突然まりもが足元の小石を拾って、濁流めがけて投げ込むと、
対岸の山を見据えて、踊りだした。

Rise with Peace Flame

そして冒頭のシーンとなる。

踊り終わると、何のためらいも無く。
まりもを先頭に4人は車のほうに帰っていった。
私は置き去りにされた(笑)

これにもビックリしたのだが、
まりもを踊らせた力は何だったのか?
濁流に投げ込んだ小石は何を意味するのか?
そして、あの笑顔は?

再び雨足が強くなった。


イオンに着くとまっしぐらにプリクラのコーナーへ(笑)!
そこには、何時ものようにはしゃぐ小学生と中学生がいた。

Rise with Peace Flame
この曲に子供達の心を揺り動かす何らかのパワーがあるのか?
まりもの、単なる気まぐれなのか?

ただ、この曲の振付が始まって、陽向が変わり始め、
後に書こうとする、にこ、彩花音が大きな変化を見せているのも
事実である。

posted by satowa2 at 03:12| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。