2014年03月01日

レイチル 成熟期 

須賀がレイチルの構想を考え始めたのが1995年
2002年のレインボープロジェクト誕生。
そして2010年のいきざまつり迄、
およそ15年の歳月を要した。

2011年須賀が鬼籍に入っても、未だレイチルは
ようやく一人歩きを始めた所だった。

2014年、3月1日、沙耶華と絵里華が高校を卒業する。
沙耶華は今年いっぱい、レイチルに残るそうなので、
さわやかなゆめときぼう、は健在だがそれもあと一年も無い。

高知のレイチルを引っ張ってきた、7人も既に4人だが
敬偉と沙耶華が抜けた後の夢菜と希帆の役割を、
明莉、愛奈、まりもや、美槻、小春、有弥子、天菜香達が果たし
その後には陽向、愛実、彩花音、にこ、はぐ、まなみ、
うぶき達が続く

まさに、過去には考えられないような人材が揃った。

構想から足掛け20年、月日の経つのは早いものだ。





posted by satowa2 at 04:34| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。