2014年02月01日

ANGEL 古井はぐ

SUGA STUDIOインストラクターをいれると
40人近くの女性がいる、何かの拍子にハグした事が
あるのは2、3人いるが、抱きつかれたのは(笑)
はぐ、一人である。





ハグどころか、ひざの上に平気で上がってきて座り込む。
疲れたと言っては、抱っこに、おんぶをせがまれて、
それが、また、たまらなく可愛くなる。
まるっきり孫と変わらない(笑)

古井はぐ、小学一年生だから6歳か。

シャイなANGEL達の中でこの子だけは、人懐っこい。
自由奔放、只一人わが道を歩んでいる。

30周年公演では、ステージの上を自由に遊びまわっていた(笑)
むすび、ではしっかりと前を向いて踊っていた。
この一年、この子なりに悩んでいたらしい。

一時期、爪を噛む癖があった。
お父さんに聞いたら、悔しい事があると噛むらしい。

その日、新しい振付があって、一番前の列の左端で
珍しく真剣にレッスンを受けていたが、
(途中で集中力が切れて、余所見をする事が多かった)
音楽がかかると途中で皆に付いていけなくなった。

じっとして皆の踊りを見ながら、爪を噛みだした。
その顔は、今にも泣き出しそうになっていたが、
再度音楽がかかると、又元気に踊りだす、そして、又、、、。
3度ほど同じ事を繰り返し、レッスンは終わった。

ひすいが、すかさずフォローしていた。

スタジオから出てきた、はぐの目にはもう涙は無かった。
そんな光景を3度ほど見ただろうか、それからしばらくして、
レッスン中に指を口に持っていったので、またか?と思ったら
前歯が2本抜けていた(笑)

むすび、のリハーサルが始まる頃には、
何時も付いていけなかった所を笑顔で得意そうに踊っていた。

天真爛漫、可愛いだけかと思っていたら、何時の間にか
悩み成長していく少女になっていた。

最近大きな前歯が2本とも生え揃って、大きく笑う顔が
一際可愛くなった。

もう、爪を噛む姿は見せなくなった。

12ー12むすび 012.jpg


posted by satowa2 at 00:32| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。