2014年01月26日

ANGEL 市川彩花音(あかね)

昨年の「よさこい」の後あたりから、
少し変わり始めた子が二人いる。
当然、他のどの子もごく当たり前のように成長しているのだが、
私の中で少し気になっていた子供達(4人いるが)の中で、
思っていた通りオーラとまではいかないが、
輝き始めた子達である。




その一人が市川彩花音
まだ、小学4年生だが、大きな黒い瞳を輝かせて、
小さな体が元気に飛び跳ねてスタジオの雰囲気を明るくしていた。
初めは取り留めなく、元気さ、だけが目立っていた。

むすび、のリハーサルで気付いたのだが、
瞳の奥に落ち着きが出てきた。
つまり、時々何かを見つめることが出てきたのだが、
集中力が付き始めたのだろう。

愛くるしい顔立ちをしているので、集中力が付き
振りをしっかり踊るようになると、身長と共に
踊りも成長し、直ぐに注目を浴びるようになる。

お父さんもサックスを吹き、お母さんも音楽に関係していて
現役で踊っている上に、身長も高いから、
今は小さくても、中学生になる頃には希帆ぐらい(160)
にはなる筈で、中々将来が楽しみな子である。

物怖じや、人見知りが無いのも明るい材料なのだが
只一つ不安なのは、レッスン時間が少ない事で
Jrマスターの週一回だけのレッスンでは物足りない。

まあ、普通の踊りを踊るのなら、それで十分で、
中学あたりから増やせばいいが、
SUGA の場合他の子もイベントなどに参加していて
結構レベルが高いので、そのレベルを考えると
少し足らないかもしれない。

輝き始めた時が本人も一番面白い時期で、
大きく成長する可能性がある。
この時期を逃すと次のチャンスは何時来るか解らない。

少し横道にそれるが、真由美先生の娘の生輝(うぶき)が
昨年入ってきたが、集中力がもの凄くて、当初から比べると
比較にならない程見事に踊っている。
古井はぐ、も追い越されそうになっている(笑)が、
はぐも集中力が少し出てきたので、二人の踊りの成長も
密かな楽しみになっている(笑)
二人とも何れは素晴らしいビーナスに成長するのは
間違いない。
未だ、集中力が出てきそうな感が無い、大器晩成型の子が一人
いるが、その子の事は後で書く。(笑)

「よさこい」本祭は踊っているが、昨年のイベントはあまり
出ていないので、レッスン時間を増やせなければ、
今年のイベントには出来るだけ参加してもらいたいものだ。

私は、1回のイベント参加は、5回のレッスンより、
全てにおいて勝る、と思っている。

彩花音だけでなく、全てのANGEL達が輝き始めたら
この記事をお読みのお母さん方は、この記事を
思い出してほしい。

輝いていない時、無理に努力を強要する事が、
その子の芽を摘むことも、、、、言い添えておこう。

12ー12むすび 078.jpg


posted by satowa2 at 03:42| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。