2014年01月15日

道標(しるべ)無き旅ーーー私の魂を導いてくれたものーーー8

天辺ーー月刊高知県人
1951年、私が生まれた年に、この月刊誌は創刊された。
全国の高知県出身者(県人会)を結ぶ情報誌だった。
2代目の経営者が高齢となった為、次の経営者を探していた。



私の従兄弟が編集をしていたので、暇だった私に声がかかった。
44年目、4月号からその年44歳の私が引き継ぐ事になった。

この本の威力が、私の人生を大きく狂わせる事になった。
一介のビデオ屋が、この本のお蔭で、知事や市長に会い、
四国銀行、高知銀行、信用金庫の頭取秘書に会いに行けたのだ、
挙句は、国会議員や、県、市会議員がこぞって顧問を願い出てきた。
入交商会、トヨタ、日産と高知の企業も広告を出してくれた。

東京の三菱銀行本社では、会長室で激励され、資生堂、
ボルボ日本のプレス工業、ヨドコウ、カシオなど名前だけしか
知らなかった大企業の会長が高知県出身者だった為、
快く迎えてくれた。
北海道、東京、名古屋、近畿、尼崎、などの県人会に招待され、
山之内一豊や、長宗我部元親の銅像建立の寄付募集にも
一役買う事になる。
正に夢のような時間が過ぎていった。

私は偉くなった、、、、、、、、気がした(笑)
そこに大きな勘違いがあるのに気がつかなかったのは
ポルシェやフェラーリを乗り回していたせいだろう。

2001年、何時の間にか編集もやっていた為、疲れたのと
創刊50周年を迎えた事もあり、休刊と言う形で事務所を締めた。

私の勘違いは、この時も続いていたのである。



この7年間に須賀連とハワイ、マウイに同行
セントラルでよさこいソーランにも同行した。
ちなみにSUGA JAZZ DANCE STUDIOも
広告を出してくれました、1回7万円、年10回
7年間で、490万円、
セントラルからも同額頂きました(笑)

写真やDVDは、この時の御礼をさしてもらっている。


posted by satowa2 at 01:13| Comment(0) | essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。