2012年01月24日

大嫌いだった「よさこい」

「ありがとうの会」のブログコメント欄に2007sucさんと言う方が
よさこいの、テレビ放映の動画をアップしてくれた。

http://www.youtube.com/user/2007suc?feature=watch


この方は、おそらく私のコメント欄の道頓堀@さんだと、
思ったが(笑)違うみたいですな。(25日修正)

超よさこいマニアですな。

なかなか貴重な動画をアップしてくれた。
(著作権問題で、没にならないうちに早くご覧になった方がいい(笑))


一番笑えるのはオッペン化粧品
http://www.youtube.com/watch?v=0qk_v6AkP2w

最初に、女性のアナウンサーが、


「レオタードの衣装代が6人分で30万円かかった」と言っているのに、

男性のアナウンサーがしばらくしてから、

「先頭で踊る6人の女性の衣装代はいくらかかったと思います?」

と問いかけている(笑)


女性アナウンサーが、これまた

「いくらぐらいです?」

アホくさ(笑)

「30万円もかかっているんですよ」

得意げに語る(笑)。





これって「局アナNG大賞」もんじゃない(笑)!!!!!!

アナウンサーがこの程度だから、局のカメラマンなんて......
しばかれて..........暴力はいけません(笑)






まあ、馬鹿話はこれくらいにして、

伝説のグッドライフカンパニー

http://www.youtube.com/watch?v=sDmZ30EslDA

須賀先生が踊ってないのが残念、先生は踊ったって言ってたのに????
別の場所で踊ったのかも???

そして「いろはにほへと」

http://www.youtube.com/watch?v=S335DCQh3Wk

地方車の上で馬鹿(従兄弟の弘井)が歌っております(笑)
今は更生して、十津でおとなしくしております。


いずれ、セントラルの動画がアップされるでしょう..............が、





お解かりのように、この時代の「よさこい」は、
見るに耐えません。



私が「よさこい」は大嫌いだった.........と言っていた訳はここにあります。



本場高知の「よさこい」は開始から30年たっても相変わらずつまらない踊りでした。
グッドライフにしても、いろはにほへと、にしても
小島須賀が振付けても、つまらないのです。
では、セントラルだったのか? 

それも違います、初期のセントラルの踊りもたいしたことはありません。



少し横にそれますが、この1983年〜85年の「よさこい」を見ると
既に都はるみの音楽は捨て去られ、各チーム独自の伴奏で踊られています。

そして、踊りの主流は、荒谷深雪のサンバ調です。


それなのに、須賀の「よさこい」は関係者からパッシングを受けました。

伝統?????
楽曲は時代の流れで変化しているのに、
踊りもサンバ調になっているのにです。

伝統を重んじるのなら、楽曲も、振付も変えてはいけない筈です。
自分達は好きなようにして、

須賀の振付はパッシングする。



ねたみ、ですね(笑)



サンバ調も一時パッシングされたようですが、結局少しづつ広がっていきましたが
それ以上に須賀の「よさこい」は進化していきます。
1983年のグッドライフ、いろは、セントラルと続く中で、
ようやく1991年のセントラルの踊りが長谷川岳の目に留まります。

そして1994年セントラルの踊りが出来上がるのです。
この間およそ10年。
本場と言われる高知の「よさこい」は40年近くつまらない踊りだったのです。

いや、私が大嫌いだった「よさこい」だったのです。


本場高知の「よさこい」は須賀の「よさこい」を否定しました。
しかし、須賀の「よさこい」によって生まれた「よさこいソーラン」によって
全国に広がり、逆輸入の形で高知の「よさこい」を変えたのです。
本場高知も、須賀の「よさこい」を認めざるを得なくなりました。

武政英策の言う「大衆に支持される踊り」だったのです。


その意味では、グッドライフの踊りは國友須賀による「よさこい」の
原点だった事になります。



本場、本場と騒ぐよりも、須賀以前の「よさこい」が如何に
つまらない踊り、祭りだったのか関係者は良く考えるべきだと思います。
そうする事が、これからの「よさこい」を発展させ、未来の子供達に

「よさこい」の本場は高知だ、と胸を張って言えるのではないでしょうか。




本当に貴重な動画だと思います。








posted by satowa2 at 05:35| Comment(1) | boyaki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グッドライフは入ってませんが、いろは、オッペン
以降の須賀さん関連の映像をあつめたDVDを昨年
作りました。
題して「須賀ヒストリー」(笑)
04年の「むすひ」まで、です。
昨年の夏、ノブさんや藤田さん、ゆかりさんなどに
お渡ししました。

高知の友人から送ってもらった大量のビデオ映像を
一巻一巻すべて見て・・・あーしんど・・・発見したモノをHDにコピーし、また次のビデオをセットし見つけてはストップ&コピー・・の連続で疲労困憊。
疲労の原因は当時の「金太郎飴」的な各連の退屈さ、
でした(笑)
よさこいの暗黒時代でしたね(笑)
Posted by 道頓堀@ at 2012年02月05日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。