2012年01月19日

131名

o118107881319006347580.jpg











ようやく、後半のレイアウトが出来ました(笑)
前半125P,後半59P何と184Pの本になります。

須賀先生を含めて132名のメッセージが収録されました。

後、2度ほど印刷所を往復すれば、印刷できるでしょう。
2月中旬には発行する予定です。

表題の「よろこびのはじまり」は、
國友須賀が生涯を掛けて追い続けた「よろこび(踊りを通じて絆を広める」が
どのように、どんな状態で、広がっていったのか。
彼女のエッセイを通じて感じてもらい、この本による新たな触れ合いが、
読者の新たな「よろこび」になるように、との想いから付けたのです。

ところが、131名のメッセージを目にした時、
その殆どの人達が、

須賀との出会い そのものが「よろこびのはじまり

だったと書いています。


そういう意味では、表題の「よろこびのはじまり」は
この本に最も相応しかった、と一人悦に入っております(笑)


エッセイはおよそ7年間の國友須賀の心情を映し出していますが、
131名のメッセージは、それ以前、そして鬼籍に入る寸前までの
人間國友須賀の30年を物語っています。

私が会えなかった時期、私が知らなかった國友須賀がこの本の中にいます。
私自身この本を編集して、多くの人々のメッセージによって
改めて國友須賀という女性の凄さに気付かされ、
新たな「よろこびのはじまり」を感じているのです。

何よりも、年代順に並べられた、スガスタジオのインストラクターのメッセージは
須賀先生と触れ合っていた彼女達の姿に、当時の自分を重ね合わせて
30年に及ぶ時の流れを懐かしく思い出させてくれました。

須賀先生同様、彼女達もまた私の人生に多くの「よろこび」を与えてくれた
女性達です。

ノブ、井上、前田といった男達もまた可愛い弟達だったように思います。


この手で須賀ワールドの素晴らしさを後世に残す本を編集している事を、
改めて嬉しく思っています。




posted by satowa2 at 23:01| Comment(0) | boyaki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。