2011年11月23日

ミュージカル「RYOMA」

1983年グッドライフ、1984年から1988年迄は「いろはにほへと」で
須賀がよさこいで名を馳せたが、同様にパッシングの嵐が吹き荒れた時。


「いろはにほへと」の企画担当の廣井がこれまた私の従兄弟で
彼を通じて須賀の評判は良く聞いた。

ジャズダンスの公演も行われたが、営業をしていた伊藤が文化映像を離れた為
撮影は無く、須賀との接点は無くなっていた。

RKCTVの「朝まで討論」が行われたのもこの時期である。

1984年に発足していた高知市文化振興事業団が初の試みとして
ミュージカル「RYOMA]を89年10月に公演する事となって、
撮影依頼が舞い込んで来た。

その振付監督が須賀だった。
89年{平成元年)9月の初め、再会した須賀は一段と大きく自信に溢れていたが、
あの満面の笑顔は少しも変わらず、お互いに良い作品を作ろうと誓いあった。

SnapShot(59).bmp

SnapShot(62).bmp

ミュージカル「RYOMA]は、それまでの須賀パッシングをしていた人達の
口を閉ざしてしまうほどの盛況で、振付をする須賀の姿と共に深い感動を与えてくれた。


そして、このキャストの中の一人に「田村千賀」がいた。

SnapShot(61).bmp


國友須賀、田村千賀、そして私の3人の奇妙な縁が始まるのである、






posted by satowa2 at 09:12| Comment(4) | boyaki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、よさこい見物人おじ(い)さんです。
大阪在住です。

いつも楽しく拝読させていただいてます。
02年からよさこいなるものを知り、はじめての
高知行きで出会ったのが須賀連の「天の祝人」でした。
な、なんじゃあこれは!
とのけぞり、一気に須賀ファンに。
(山下洋輔トリオの追っかけやってましたから)(笑)

書くと長くなりますからこれくらいで(笑)

続き、読みたいです、はい♪
Posted by 道頓堀@ at 2011年11月24日 18:59
>道頓堀@さん

コメント有難うございます。
2002年からですか、その年は高知国体がありまして
開会式典で、須賀先生が現代よさこいの振付をしました。
ブックマークしてある SATOWA YouTubeにアップしてありますから、良かったらご覧ください。
Posted by 窪内 at 2011年11月24日 22:02
はーい、国体映像拝見しました。
巨大バルーンにつりさげられブランコ乗りして登場って
派手好きな彼女らしいですね(笑)
(仕切った電通関西の企画かもしれませぬが)
80年代の化粧品チーム(名前失念)の地方車に立ち、先導ダンスしている映像を持ってますが、まあ、派手な登場振りは終生治りませんね。
そのへんが高知での毀誉褒貶の嵐を呼んだのかと(笑)

中央公園で国体歓迎のミニよさこいイベントがありましたね。連夜3チームが出演という。
実は二泊三日で見に行ってました、はい。

いまから思うと02年は豊作の年でしたね。
天の祝人を筆頭にえびしばの枡。ほにやのキラリ。大村憲子さん振付の白い俵屋と赤衣装の四国開発。小倉セントラルの黄色・・・・
Posted by 道頓堀@ at 2011年11月25日 21:41
>道頓堀@さん

オッペン化粧品ですね(笑)

Posted by 窪内 at 2011年11月25日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。